ホスティングサービスは、自社でサーバーを設置するよりも情報セキュリティを向上することが可能です。

ホスティングサービスはセキュリティが肝心かなめ

ホスティングサービスはセキュリティが肝心かなめ

ホスティングサービスにおける情報セキュリティについて

ホスティングサービスはセキュリティが肝心かなめ
SIer等、情報システム構築の会社のほとんどはホスティングサービスを提供しています。ホスティングサービスとは、SIer等システム構築の受託側がサーバーやソフトウェア等の資産をデータセンターに保有し、その資産を顧客がサービスとして利用するものです。プライベートクラウドと類似しているサービスの位置づけです。

ホスティングサービスは、SIerの堅牢性の高いデータセンターにサーバー等機器が設置されることから、情報セキュリティとしては自社に設置するよりも高くなると言えます。現代のデータセンターでは、まずは事前に入館の申請をしておかないと施設自体に入ることができません。また、入館する際も共連れ防止のため、駅の自動改札のような機械を通さないと、ゲートが開かず入館できないものがほとんどです。入館ができても、サーバはラックといわれるサーバー等機器を専用で格納するものに設置されており、データセンターのオペレーターに依頼しないと開けられません。サーバー等機器は、データセンターの要員が24時間365日の体制で、監視体制をとっているので運用面でも安定稼働が見込めます。サーバーOS等、時間が経つと虚弱になるものがありますが、ホスティングサービスであれば最新の情報を収集した上で、サーバーOSが虚弱と判断すれば最新のセキュリティパッチをあてたり、バージョンアップを行う等、ウィルスに対する脅威もリスク回避することが可能です。このようなことから、自社サーバーを自社に設置し運営するよりも、情報セキュリティは確実にあがると言えます。

また、ホスティングサービスはコスト削減にもつながります。自社にサーバーを設置すると、専用の空調の施設や証明、ラック等が必要となりますが、データセンターではそれらは他企業と共用となりますので、施設の効率的活用が可能となります。運用面においても、自社要因をかかえて運用するよりも、ホスティングサービスを利用することで、運用から解放することで、他の業務にリソースを割り当てることも可能となります。

おすすめ情報

  • java iTextについてはこちらのページが便利です。

Copyright (C)2017ホスティングサービスはセキュリティが肝心かなめ.All rights reserved.