ホスティングサービスの情報セキュリティポリシーを確認し、自分でできる改ざん防止対策も行いましょう。

ホスティングサービスはセキュリティが肝心かなめ

ホスティングサービスでの情報セキュリティの注意点

ホスティングサービスはセキュリティが肝心かなめ
個人のウェブサイトを設置するために、ホスティングサービスを利用している方も多いかと思います。昨今ではインターネット犯罪が増加しており、ホスティングサーバーがそのターゲットになることも少なくありません。ホスティングサービスから情報が流出したり、自分のウェブサイトが犯罪に利用されたりすることは避けなくてはなりません。それを防ぐために、気をつけるべき注意点はどのようなことがあるでしょうか。

まずは、ホスティングサービス運営サイドでセキュリティ対策をしていることが望まれるでしょう。それぞれのサービスでどのような安全対策をしているかを確認するのがよいでしょう。情報セキュリティに対する取組みやポリシーを公開しているサービスも多いです。自分が利用している、またはこれから利用を検討しているサービスがどのようなセキュリティ方針を掲げているかがチェックできます。また、情報セキュリティを重視していることを特長としているサービスや、有料オプションで高度なセキュリティの対応をしているサービスなどがあります。自分に必要なセキュリティレベルのサービスを選ぶようにしましょう。

また、自分たちでできるセキュリティ対策もあります。最近では、システムの脆弱性を突いてウェブサイトを改ざんする手口が増えてきています。ウェブサイト管理者だけでなく、ウェブサイトの利用者に大きな打撃を与える行為です。改ざん防止のためには、CMSツールを利用している場合は常に最新バージョンにしておく、ツールのプラグインやテーマなどは信頼できる配布元のもののみ利用する、ファイルやフォルダの権限を正しく設定しておく、パスワードは破られにくいものにしておく、アップロードなどの通信は暗号化された仕組みを使う、といったことに気をつけることで対策となります。

Copyright (C)2017ホスティングサービスはセキュリティが肝心かなめ.All rights reserved.